医者

腰痛改善するなら普段の生活と専門治療がカギ〜元気生活を継続〜

さまざまな治療方法

脳腫瘍の治療等について

医者

脳腫瘍とは、頭蓋骨の中に腫瘍が発生する事を言います。体の他の部分に発生したがんが転移してきて出来る転移性のものと、脳そのものに腫瘍が発生する原発性の2種類に分類する事が出来ます。また原発性の腫瘍は、悪性と良性に分類する事が出来ます。 脳腫瘍の治療方法は手術が基本となります。外科的な処置によって患部を切除するのです。良性の腫瘍であれば完全に切除する事が可能です。しかし、腫瘍が悪性の場合には神経に沿って発育していくので、全てを切除するのが難しい場合が多いです。そのため悪性腫瘍の場合には、手術後に放射線治療等を受ける事も少なくないです。 病院での治療となると気になってくるのが治療費です。治療方法等によって個人差がありますが、一般的には数十万円程度の負担になる事が多いと言われています。

具体的な症状等について

脳腫瘍の特徴的な症状としては、早朝に起こる強い頭痛があります。ちなみに、くも膜下出血のような激しい痛みが起こる事は少ないです。起床した時に強い頭痛がある場合には、早めに病院を受診したほうが賢明です。 脳腫瘍が発生する部分は、頭蓋骨に守られているという特徴があります。そのため腫瘍が成長するに従って、頭蓋骨の内部の圧力が上がっていきます。これを頭蓋内圧亢進症状と言い、様々な症状を引き起こします。 具体的な症状としては、頭痛や吐き気、眼がぼやける等があります。症状が進行すると、意識低下やてんかん発作等が起こるようになってきます。もしも成人してから初めててんかん発作を起こした場合には、脳腫瘍の可能性を疑ったほうが良いです。