医者

腰痛改善するなら普段の生活と専門治療がカギ〜元気生活を継続〜

第4のがん治療として期待

腰痛

ガンで苦しむ患者は世界中に数多くいます。場所によっては進行度合いに違いがあるガンですが、発見が遅れて治療が遅くなってしまうと転移してしまう可能性が高まります。転移してしまうと完治の可能性は希薄になり、治療が一旦成功しても5年後の生存確率の数字も低くなってしまいます。ガンは命を奪ってしまうほどに凶暴な病気とも言えます。ガンの主な治療方法と言えば、手術を行なう外科治療、抗ガン剤を投与する化学療法、手術では対応できない箇所のガン細胞を死滅させる放射線治療があります。人によっては副作用が強く出てしまうとされているガン治療ですが、最近ではこれらの3大治療に続く最新治療が注目を浴びています。それが「免疫治療」です。人間の身体の中には免疫と呼ばれる病原体を退治してくれる細胞がいるのですが、これらを応用してガン細胞を排除しようという試みが免疫治療なのです。免疫力という本来人体が有している力を使うことで、抗ガン剤や放射線治療のような副作用を伴わない治療を実現することができるのです。

ガン細胞の完全な排除のためには、免疫治療だけでは不十分です。これは今までのガン治療にも同じことが言えます。手術をして終わりではなく、抗ガン剤や放射線治療で再発を防ぐなど、予防を行わなければいけません。免疫治療も同じように併用して行なっていきます。より高い治療の効果を得るために複数の免疫治療を組み合わせ、ガン細胞に打ち勝つ治療を進めるのです。免疫治療は保険適用ではないため費用が自己負担になってしまいます。また、全ての病院で治療が行えるわけではありません。しかし、大学病院の臨床試験や先進医療制度を利用することで治療を受けることができますし、免疫治療が広く受け入れられることで多くの人が利用できるように制度も充実していくことでしょう。ガンに苦しむ人にとって、免疫治療は最後に頼れる治療とも言えるのです。