医者

腰痛改善するなら普段の生活と専門治療がカギ〜元気生活を継続〜

第4のがん治療として期待

腰痛

がんは早期発見が回復への近道をされています。外科治療と化学療法、放射線治療が今までのがん治療でしたが、これら3大がん治療と並んで注目されているのが免疫療法という第4の治療方法です。

Read More...

把握して対処へ

つらい腰痛を改善したい方はこちらに紹介されているサプリメントを飲んでみましょう!徐々に腰痛が緩和されていきますよ。

高反発マットレスは通気性が良いから汗をかきやすい夏場でも快適な睡眠時間を過ごすことができますよ。蒸れにくいからマットも長持ちします!

脊柱管狭窄症の予防対策

女性

脊髄(せきずい)が通っている脊柱管が狭くなって、脊髄を圧迫するのが脊柱管狭窄症です。 加齢による原因が多く、高齢化社会の現代ではよく聞かれる病名の一つとなっています。腰の周りがなんとなく重だるい、ハリがある、歩き始めは何ともないが歩いているうちに足がしびれたり、歩けなくなる、などといった症状が出たらこの脊柱管狭窄症を疑ってみる必要があります。 治療法としては、牽引や超音波治療といった理学療法、消炎鎮痛薬や、血流をよくする血流促進薬の投与などの薬物治療がありますが、それでも改善しない脊柱管狭窄症は手術を考えねばならなくなります。 脊柱管狭窄症は加齢が主な原因となる病気ですので、ある年齢になったら普段から体操などで腹筋や背筋などの周辺筋肉を鍛えたり、血流を良くするサプリメントを摂取して備えることで病気の予防対策となります。

腰を後ろに反らすと痛い!あなたは脊柱管狭窄症かも・・・

腰痛の2大原因の一つと言われているのが、脊柱管狭窄症。あなたの腰痛は、後ろと前、どちらに反らすと痛みを感じますか? もし、後ろに反らすと痛みを感じる方は、脊柱管狭窄症の疑いがあります。 脊柱管狭窄症の痛みの原因は、神経の通り道である脊柱管が、加齢による骨の変形等により神経を圧迫する為に起こります。身体を後ろに反らすと、脊柱管がより狭くなるため痛みがより強くなります。手足につながる神経と関わっているため、腰だけでなく手足や首にも症状が出る事があります。中高年である、または、太っていて筋力が落ちている、長時間、立ちっぱなし、座りっぱなしである、または、腰や首に負担のかかる激しいスポーツをしている。このよう方は要注意です。 脊柱管狭窄症の改善には、腰を丸めて腰部を伸ばす軽い運動がお薦めです。普段の生活の中で、痛みが出ない姿勢や動作を心がけましょう。 腰痛だと思っていたら、実は、内臓の病気だった!という事もあるので、自己判断せず病院で相談して下さい。

がん治療の方法として注目されるサイバーナイフは、コチラの病院で利用できます。体に負担を与えずに、病巣へと直接治療を行なえます。

神戸の整形外科では、男女共に生じた体の歪みを徹底的に改善します。多くの人が病気予防の効果を実感しています。

さまざまな治療方法

医者

脳腫瘍は頭蓋骨の中に腫瘍が発生します。移転する危険性もあるので、早期治療を施しましょう。早朝に激しい頭痛を感じた場合はすぐにクリニックで受診しましょう。さまざまな治療方法があるので腫瘍のタイプに応じて治療を進めましょう。

Read More...

睡眠中に呼吸が停止

病院

睡眠時無呼吸症候群という症状が問題となっています。眠っているとき呼吸が止まってしまう病気なのですが、体内の酸素が減り、心拍数が上がることで大きな負担が掛かってしまうため危険です。

Read More...